忍者ブログ
2018年07月23日18/ 時39分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2010年05月09日20/ 時24分の記事
消炎作用

ハチ液(蜂針)が人間の体に入ると、成分の中の酵素が即効的に生理中枢に
働きかけ、副腎皮質ホルモンの分泌を促します。

そしてこの副腎皮質ホルモンによって副腎で生産されたホルモン(副腎皮質
ホルモン)が、患部の炎症を抑えるのに役立つわけです。


「ハチ液の薬効」 山口武津雄(医学博士) 著より



 

PR

*CATEGORY [ ハチ液(蜂針)の薬効 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
<<この時期のミツバチ| HOME |久米島と警官とハブ>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<この時期のミツバチ| HOME |久米島と警官とハブ>>
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ