忍者ブログ
2017年06月26日03/ 時57分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2012年02月15日17/ 時25分の記事
悪玉と呼ばれたコレストロールの真実 2
コレストロールと心血管系疾患は無関係

別の調査では、脂質異常症の人のほうが、脳卒中による死亡率が低く、症状も軽いという結果が出ています。

つまり、コレストロールは高くても大丈夫ということです。

したがって「悪玉」というLDL-Cの俗称は濡れ衣だといえるでしょう。

LDL-Cは、悪玉ではなく体にとって最も必要なコレストロールなのです。

また、最近では薬でLDL-Cを下げても、心血管系疾患を防げないことがわかってきました。

血管には持続する炎症があり、LDL-Cが高すぎる場合には心筋梗塞の発症率は米国人の3分の1程度。

女性は男性の半分です。

しかも、日本人で心筋梗塞死亡率が上昇するのは70歳以上。

コレストロールとの関係は少ないのです。

副作用の強いコレストロール低下剤を使ってLDL-Cを下げても、心血管系疾患を防げるという根拠はまったくありません。


大櫛陽一 東海大学医学部教授
PR

*CATEGORY [ 健康診断の恐怖 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
<<悪玉と呼ばれたコレストロールの真実 3| HOME |悪玉と呼ばれたコレストロールの真実 1>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<悪玉と呼ばれたコレストロールの真実 3| HOME |悪玉と呼ばれたコレストロールの真実 1>>
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ