忍者ブログ
2017年10月22日02/ 時32分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2012年03月05日20/ 時11分の記事
豆腐で解熱
豆腐を水きりして、よく潰します。

それに、おろし生姜を一割と小麦粉を混ぜて、木綿の布やガーゼに包んで、
熱のある患部に当てると、すばらしい熱取りになります。

これを「豆腐パスター」というのですが、体内の老廃物を引き出しながら解熱します。

氷などで解熱すると、細胞は縮み毒素を閉じ込めてしまいます。

脳出血で倒れた患者さんの後頭部に当てると、脳内出血を吸収して布やガーゼが
茶色になるそうです。

PR

*CATEGORY [ 民間療法 ] *コメント[ 0 ] 
<<内臓と皮膚の関係| HOME |コンニャク湿布の本当の意味>>
COMMENT
COMMENT WRITE















<<内臓と皮膚の関係| HOME |コンニャク湿布の本当の意味>>
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ