忍者ブログ
2017年11月23日05/ 時05分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2009年07月31日15/ 時19分の記事
リュウマチの初期
リュウマチの初期には病院で検査しても、検査値が正常です。
病名が付かないと、お医者さんは薬を出せません。

それから数ヶ月して再び病院で検査すると、「リュウマチ」と診断されます。
薬は消炎鎮痛剤やステロイドになり、それを服用します。
初めは痛みがやわらいで、そのまま治るのかなと思います。

それから数ヶ月すると薬を飲んでも痛みが引かず、さらに強い薬を処方されます。

このまま薬を服用すると、「リュウマチ」は不治の病となってしまいます。

リュウマチの初期は、指のこわばりや全身の強い倦怠感が症状として表れます。
その時に蜂針を施して、急激に改善した症例があります。
PR

*CATEGORY [ 蜂針療法 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
<<ある日の会話| HOME |膝痛>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<ある日の会話| HOME |膝痛>>
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ