忍者ブログ
2017年10月24日00/ 時07分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2012年01月28日14/ 時19分の記事
治療で検査の数値はよくなっても、細胞は劣化し寿命は縮まる 2
鶴見氏は健診や糖尿病だけではなく、現代医療そのものが問題だと語る。

「対症療法が西洋医学の本質です。外傷などの救急には効果を発揮しますが、予防という
観点はなく、ガンや糖尿病などの慢性病には弱い。
さらに根治もできない上、薬漬けの日々を送ることで副作用が出たり、新たな病気を引き起
こしたりすることもある。
手術に対しても100%安全とは言い切れません。
手術を行ったことでさらにガンが拡がる危険性もあるのです」



「命を脅かす!健康診断の恐怖」 別冊宝島編集部 編 より
PR

*CATEGORY [ 健康診断の恐怖 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
<<治療で検査の数値はよくなっても、細胞は劣化し寿命は縮まる 3| HOME |治療で検査の数値は良くなっても、細胞は劣化し寿命は縮まる 1>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<治療で検査の数値はよくなっても、細胞は劣化し寿命は縮まる 3| HOME |治療で検査の数値は良くなっても、細胞は劣化し寿命は縮まる 1>>
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ