忍者ブログ
2020年06月01日16/ 時47分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2010年01月13日18/ 時03分の記事
胃がんの末期患者とその家族 3
Kさんの容態は日を追うごとに良くなっています。

担当医に今日明日の命と言われたのが、プリンを食べられるようになりました。

Kさんはヘルパーの女性に身体を拭かれる時には、雑談が廊下にいても聞こえるぐらいです(笑)。

この状態だとあと3ヶ月もすれば退院できるかもしれません。

kさんと私はお互いに喜んでいました。

ある日の夜10時過ぎに電話が鳴りました。

「こんな時間に誰からの電話かな?」

受話器をとると、日本蜂針療法研究会の会長である、福田先生から電話です・・・・。

続く・・・
PR

*CATEGORY [ 胃がんの末期患者とその家族 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
<<胃がんの末期患者とその家族 4| HOME |父親が旅立つ日>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<胃がんの末期患者とその家族 4| HOME |父親が旅立つ日>>
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ