忍者ブログ
2017年11月23日05/ 時04分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2010年09月03日21/ 時39分の記事
現在の手相術
現在、日本で行われている手相術は、19世紀から20世紀にかけて活躍した
イギリスのルイス・ハーモン、号をキロ(ギリシャ語で手の意)と称した手相研究家
や、19世紀フランスの大家、ル・カピテーヌ・サン・ダルパンティ二らの築き上げた
西欧流の手相術体系が土台となっている。

手相というと、生命線・知能線・感情線の三大線が著名だが、この呼称も西欧手相術
が移入された大正時代以降に一般化したものである。

・・・・・大幅に略・・・・・・

このように、手相術は、西欧と中国ではまったく異なっている。


東洋占術の本 (学研) より
PR

*CATEGORY [ 顔と性格と運勢 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
<<子猫に蜂針 2| HOME |人相学と手相学>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<子猫に蜂針 2| HOME |人相学と手相学>>
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ