忍者ブログ
2020年07月08日04/ 時27分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2010年06月13日17/ 時08分の記事
乳がん 2

硬い乳がんがやわらかくなり、少し小さくなりました。

すると、患者さんは安心したのか1週間に1回来たのが2週間に1回とか
治療の間隔をあけてきました。

がんはできれば週に2回以上は来てほしいのに・・・・。

がんは治療の間隔をあけると、なかなか小さくなりません。

今度は、1ヶ月あけて来ました。

乳がんはふた回り以上大きくなって硬くなっていました。

 


 

PR

*CATEGORY [ 症例 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
2010年06月07日17/ 時51分の記事
言語障害と歩行困難

50歳代の男性の患者さんが来ました。

何を喋っているのか聞き取れず、身体の動きも悪く、最初は酔っ払いが
来たのかと思いました。(笑)

話を良く聞くと脳卒中で手術の経歴があり、ろれつが回らず、歩行が困難です。

言語障害は後頭部の亜門のツボを中心に取穴します。

ろれつが回らない「舌」には取穴はしません。

数回の治療で、患者さんの話が聞き取れるようになり、歩行もかなり改善しました。

患者さんは蜂針後の痒みが強くて我慢できず、

「これだけ喋れて、身体の動きもよくなったから、こんなもんで良いから。」

と、中途半端で治療を止めてしまいました。(笑)


 


*CATEGORY [ 症例 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
2010年06月02日17/ 時43分の記事
子宮筋腫 5

患者さんは7回目に来たときに、事の顛末を話してくれました。

それから数回蜂針療法を受けて、別の病院で子宮筋腫の診察を受けました。

CTとMRIでの検査を受けると、筋腫は1個も見当たりません。

医師は「子宮筋腫は無し」と、診断しました。

蜂針療法が子宮筋腫に非常に良く効いた症例でした。

 


*CATEGORY [ 症例 ] *コメント[ 2 ] *トラックバック [ 0 ]
2010年05月29日15/ 時33分の記事
子宮筋腫 4

顔が真っ赤な赤鬼のようになったお医者さんは荒い口調で、

「ミツバチの針で筋腫が無くなるなんてありえない!小さくなるのもありえない!
私はミツバチの針療法は絶対認めない!手術の日を今決めなさい!」

あまりの恐ろしさに患者さんは慌てて、その場を逃げたそうです。

このお医者さんは女医さんです。

当時は雑誌にコラムを書いたり、テレビにも出演していたそうです。


続く・・・

 


 


*CATEGORY [ 症例 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
2010年05月27日19/ 時15分の記事
子宮筋腫 3
6回の蜂針療法を受けて、患者さんは同じ病院、同じお医者さんの診察を受けました。

子宮筋腫の診察は内視鏡によって行われました。

医者   「・・・・この前は筋腫がたくさんあって内視鏡が入らなかったけど・・・・今日は
       筋腫はちょっと見えなかったけど・・・、それでは手術の日を決めましょうか。」

患者さん 「え!筋腫が見当たらないのに手術をするんですか!」

医者   「筋腫が無くなることはないので、必ず筋腫はありますよ。」

患者さん 「じつは・・・6回ほどミツバチの針で治療する(蜂針療法)を受けたので、それで
       筋腫が無くなったのではないですか・・・。」

お医者さんの顔がみるみる鬼のような形相になり激怒しました・・・・。


続く・・・




       
*CATEGORY [ 症例 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
2010年05月26日15/ 時59分の記事
子宮筋腫 2

お医者さんが勧める子宮筋腫の手術は子宮の全摘出です。

患者さんは最後は手術としても、蜂針療法を試そうと思い私のもとに来ました。

蜂針療法の治療箇所は婦人病のツボを取穴し、へそ下の子宮の箇所に多めに
ミツバチの針を打ちます。

6回の蜂針療法のあと、患者さんは再び病院の検査に行きました。


続く・・・


*CATEGORY [ 症例 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
2010年05月25日21/ 時19分の記事
子宮筋腫 1
最近の症例ではありませんが、7,8年前の話です。

ある女性の患者さんが子宮の診察を受けるために病院の待合室にいました。

そこで、「週間女性」の雑誌を見ていると私を取材した記事が載っています。

ミツバチの針で子宮筋腫が小さくなった写真が掲載された「蜂針療法」の記事です。

診察を受けると、子宮の中には数多くの筋腫があると言われ、お医者さんは手術を勧めたそうです。


続く・・・




*CATEGORY [ 症例 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
2010年05月23日11/ 時09分の記事
脳幹腫瘍
脳幹に脳腫瘍がある患者さんが来ました。

脳幹腫瘍は手術は出来ません。

頭に放射線治療を行っていたため、頭皮は黒く火傷の後のように黒くなり
髪の毛がありません。

頭にミツバチの針を刺していると、5回ほどで髪の毛が生えてきました。

15回以上蜂針療法を行っても腫瘍の大きさに変化はありません。

患者さんは諦めたのか来なくなりました。

50回蜂針療法を行えば改善されたのでしょうか・・・。

わかりません・・・。

*CATEGORY [ 症例 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
2010年03月15日11/ 時24分の記事
顔面神経痛
顔の痛みと頭痛が時々ある患者さんが来ました。

病院でのお医者さんの判断は血液検査での結果次第です。

左顔面の痛みがひどく、私の診たては「顔面神経痛」です。

首から上の原因不明の病気のほとんどは、ウイルスが原因だと私は思っています。

でも、民間療法師は患者さんの診断はできません。

診断を行えるのはお医者さんだけです。

私が病名をつけてはいけません。

私はこめかみから、三叉神経にそってミツバチの針を刺しました。

その場で痛みがひきました。

後日、血液検査の結果はウイルスの数値と肝臓の数値が高いとでて、お医者さんの診断
も顔の痛みはウイルスが原因で、そのために肝臓が働いて、肝臓の数値も高くなっている、
との診断でした。

3回の治療で治癒しました。

顔面神経痛はそのうちには、顔面麻痺になる可能性があります。

顔の片側に異変を感じたら、早めの蜂針療法をお勧めします。



*CATEGORY [ 症例 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
2010年02月17日17/ 時18分の記事
乳がん1
右の乳房に大きなガンがある患者さんです。

最初に触診するとガンは鉄のように硬いです。

蜂針を続けていくうちに鉄のような硬さがやわらかくなってきて形が変わってきます。

以前は階段を下りるときに右胸に重さを感じていたのが今は気にならないそうです。

まだ右胸のガンは大きいのですが、重さを感じなくなったのはガンの内部がスカスカに
なってきている証拠です。

大きさはまだ変わらなくても質量は減っています。


*CATEGORY [ 症例 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
<<前のページ| HOME |次のページ>>
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ